ぎっくり腰の痛みを和らげる方法があるの?

トップページ > ぎっくり腰の痛みを和らげる方法があるの?

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法があるの?

ぎっくり腰になってしまったときにはどうすればいいのでしょうか。かんたんな対処方を知っておくといざというときには役に立つことができると思います。ぎっくり腰を起こしてしまったときの激痛というのはとても大変なものがあります。

 

この激しい痛みを和らげるには腰を保護して、安定させると緩和されるといわれています。専用のコルセットやベルトなどで固定できればもっとも良いのですが、一般的な家庭にはなかなかそういったものはありませんよね。

 

また、ぎっくり腰は思わぬ時に唐突に起こることが多いので、すぐに用意できないということもあると思います。そこで家庭にある身近な物を使うことで、ベルトやコルセットの代替品とする方法をしっておくといいでしょう。
ここではそうした方法を幾つか紹介したいと思います。

 

バスタオル

 

風呂上がりに腰に巻くのと同様にして少しきつめにして腰に巻きます。バスタオルのサイズが小さいのであれば三角に折って、対角線のラインで腰に巻くようにするといいでしょう。結び目は作らずに洗濯ばさみなどをつかってバスタオルをとめておきましょう。

 

ラップ

 

下着の上からでもかまいません。とにかく腰をラップでぐるぐると巻いてしまうことで腰が安定します。しかし、トイレに行くたびに毎回新しいものにするのは少しもったいないので最初に巻き付けたラップはハサミで縦に切って外すと良いでしょう。2回目以降、ラップを腰にまくときは、ハサミで切ったものをつかって、ガムテープなどではりあわせてしまいます。こうすることで再利用できるので、ムダになりません。

 

ビニール袋

 

ゴミ出し用の大きなゴミ袋を使います。サイズが合わないときはバスタオルと同様に三角に折って、対角線のラインを使うようにするといいでしょう。しっかりと腰に巻いて、腰を安定させてください。

 

こうしたものの他にも代用できるものとしては、和服の下帯や子ども浴衣用の帯なども腰のコルセットやベルトの替わりに使うことができます。これらの方法は、外出先などでぎっくり腰になったときにも役に立ちますので覚えておくといいでしょう。

 

また、知人や家族や友人がぎっくり腰になったときにも助けることができるので、覚えておいて損はありません。ぎっくり腰になったばかりの人の身体を動かそうとすると、とても痛がってしまって一苦労することになります。ですので、まずは無理に動かそうとはせずに先に腰を保護することを最優先にしましょう。

 

腰を保護することで痛みも少しは緩和されるので、そうしたら呼吸が落ちついてくるまでは休ませてあげるといいでしょう。また、ぎっくり腰の対処方としてだけではなく、腕や足のねんざ、骨折の応急手当としても応用できます。ちょっとしたことでできる方法なので、知っておくだけでも役にたつでしょう。